アルコールは飲食物?

 私もアルコールに依存していました。

 末期には大きなペットボトルの焼酎を延々と飲んで、一日のほとんどの時間を泥酔していました。

  私があの頃飲んでいたアルコールは焼酎甲類です。

 焼酎甲類は、サトウキビのしぼりかすを連続蒸留して生成された高純度エタノールからできています。

 高純度エタノールに水を加え、25%に薄めてペットボトルに詰めたものが焼酎甲類です。

 スーパーやコンビニで飲料として販売されます。

 また、この高純度エタノールに水を加え、70%に薄めてスプレー式の容器に詰めたものは手指消毒剤となります。

 薬局やドラッグストアで販売されています。

 私は飲酒をやめてからこのことを知って、「アルコールは消毒剤」としか認識できなくなりました。

 「アルコールは飲食物」とは思えなくなったのです。

 認識が変わった今は、お酒を美味しそうに飲んでいる人を見ても、

「この人は消毒剤を美味しそうに飲むんだな」

としか感じなくなりました。

 目の前にある「物」がどのように作られているのかを知ることだけでも、価値観は変化していきます。

 その「物」を「誰がなんのために作っているのか」まで考えていくと、世界の見え方は全く違うものになります。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク