テレビでのお酒のCM③

 例えば一日の疲れを回復させる手段には、様々なものがあります。

 筋肉の疲労を回復させる、体の緊張をほぐす、心をリラックスさせる、睡眠を快適なものにする、それぞれの目的に応じて1020の効果的な方法は考えつくはずです。

 しかしテレビをつけてお酒のCMを見てしまうと、

「疲れた、よし、今日は飲もうかな」と無意識的な行動をとってしまいます。

 そして疲労が蓄積されていきます。

 「なんだかお酒が飲みたくなる」

そんな気分にさせることだけがお酒のCMの目的なのです。

 試しに15分間だけでもいいので、

 『テレビは「物を買いたい気分」にさせることだけを目的とした媒体なのでは?』

 そう意識しながらテレビを眺めてみてください。

 真偽はどうであれ、短時間でも違う視点から目の前のものを眺めてみると、それだけで価値観は大きく変わります。

 価値観が変われば、お酒に対する重要度も変化していきます。

 お酒があまり大切に思えなくなれば、お酒は簡単に手放すことができます。


「1日5分」3週間で一生アルコールがやめられるトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク