テレビでのお酒のCM①

 「1日の疲れをお酒を飲んでスッキリさせる」

そんなイメージで製作されたお酒のテレビCMを見たことはありますか?

 テーブルに並ぶ美味しそうな料理、外見の整ったタレントさんが笑顔を見せ、楽しげな音楽と、アルコールが注がれる音、グラスや缶に水滴のついた映像とともに、飲んでいる姿がアップになる。

 お酒のCMは基本的にはそんな感じでしょうか。

 しかし、実際のところはお酒を飲んでも一切疲れはとれません。

 お酒を飲むとアルコールを分解しなくてはなりませんし、お酒とともに食べるものの塩分や油分で内臓に負担がかかります。

 また睡眠の質はひどく低下します。

 お酒のCMで映し出されていることは全て逆です。

 「疲れたな」という時にお酒を飲んでも、体調は悪くなるだけです。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク