「酒場」の持つ意味の変化③

 「お酒を飲む場所」、「酒場」の持つ意味は、昔とは確実に変わりました。

 現代社会では、「お酒を飲まないから大切な情報が得られない」というようなことはなくなったのです。

 お酒を飲まないことで機会を損失したり、不利益を被ることはもうないのです。

 また、お酒を飲まずに仲間同士で楽しめる場所も増えました。

 10年20年前にはなかったような、様々な楽しみを体験できるお店、空間はたくさんあります。

 経済の発達、情報量の増大により趣味は多様化しているのです。 

 もう「お酒」の持つ意味自体が変化したのです。

 「お酒」というものの持つ役割は、現代社会の中ではすでに小さな小さな1つでしかなくなっているのです。 

 これからの時代を生きる上では、飲酒をしないことで困ることは一切ありません。

 むしろ飲酒をすることで困ることが増えるようになっていくでしょう。

 (喫煙と同じような位置づけになっていく流れです)

 もし今「お酒を飲むのをやめたいな」と思っている人は、ぜひ自分が本当に楽しいと思えることを探してみてください。

 「お酒以外の楽しいことってなんだろう?」そう思いながら情報を眺めるだけで、今まで目に入らなかったものが見えてくるはずです。

 お酒に時間を使うこととは違った楽しさを、ぜひ体験してみてください。


「1日5分」3週間で一生アルコールがやめられるトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク