蒸留酒と奴隷③

 「私は奴隷だった」と文字にすると、なんだか悲しい感じに受け取られるかもしれませんが、それについて今は特に何も思いません。

 今はもう奴隷ではなくなったと実感しているのからです。

 今後自分が奴隷状態になることはないでしょうし、「いい勉強になったんだな」ぐらいにしか思っていません。

 

 今、ニュートラルな目で周りを見渡すと、この社会は結構いびつだなと感じます。

 社会は色々な形で、一人一人に我慢を強要しています。

 はじめは力のあるものが我慢を強要しますが、そのシステムに慣れてくるとお互いがお互いに我慢を強要しあうようになります。

 私はお酒を飲んでいた頃「奴隷」のようでしたが、決して権力を持つだれかに監視されていたわけではありません。

 奴隷同士で、お互いを縛りあって監視しあっていたのだと思います。

 また私自身もだれかに我慢を強要していたのだろうと思いますし。

 自分も周りの人も、誰も本当に幸せではなかったのではないかと感じます。


世界を変えた6つの飲み物 – ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク