お酒は簡単にやめよう ⑥『無意識を騙してお酒をやめよう』

「無意識」と敵対しては習慣は変えられません。

お酒を飲む習慣をやめるならば、「無意識」を騙しましょう。

お酒をやめるときに邪魔をしていた「無意識」を騙して、やめる側の味方になってもらうのです。

「無意識」は「大好きな」お酒をやめようとすると、激しく抵抗しました。

しかし、もしもお酒にあまり興味がなくなってしまえばどうでしょうか?

「あまり好きでもない」お酒を手放すならば、「無意識」も抵抗はしなくなります。

ですので、まずは「無意識」に気がつかれないように、少しずつお酒への興味や重要度を低下させましょう。

また、「無意識」に気がつかれないように、少しずつお酒を飲まない人の行動をしてみましょう。

「頑張って」行動を変えるのではなく、自分でも気がつかないように少しずつ、新しい習慣を積み重ねていくのです。

無意識を騙しながら小さく小さく習慣を変えていくと、ある段階で変えた部分の割合が大きくなります。

そして変わってしまった部分が大きくなると、「無意識」は「お酒を飲まないほうが日常だな」と思うようになります。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク