お酒をやめられない人こそ胸を張れ⑥自分の価値を評価するのは誰?

「自分の価値は他人に評価してもらわなければならない」

そう考えている人もいると思います。

しかしそれは「他者からの評価」であり、「自己評価」とは別物です。

自分で自分をどう思うかは、「他者からの評価」とは切り離されたものです。

「自己評価」と「他者からの評価」は一切関係がありません。

「他人から価値のある人間だと思われたい」というのは、別に悪いことではありませんが、他人からどう思われようが、それと「自己評価」は別なのです。

他人から「あなたは価値のある人間だ」と言われようが、「あなたは価値のない人間だ」と言われようが、実際には自分の価値は自分で決めています。

自分の価値は自分でしか決められないのです。

それが「自己評価」となります。

他人にどう思われようが、「自分は価値がある素晴らしい人間だ」と思えば、自分の中ではそれが事実となります。

逆に、他人にいくら褒められようが、「自分は価値のないダメな人間だ」と思っていれば、自分の中ではそれが事実となります。

そして自分の中の事実が、その人の人生を作ります。

人生の色や、人生の光の度合いは、「自分で自分の価値を認めている」かによって決まっているのです。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク