⑦呪文を唱える

「俺たちは悪い奴らに騙されて、酒を良いものと思わされ、飲まされてきた。

でも違う!酒は悪だ!酒はクソだ!飲んでバカにさせられるだけだ!

もう騙されない!これからは知識をつけて、自分らしく生きることで、その巨悪と戦う」

毎日100回以上唱えました。

人がいないときは声を出して唱えました。

テレビは酒のコマーシャルばかりなので捨てました。

駅で酒の広告を見るたび、

「悪め! クソめ! 騙されないぞ!」

とつぶやきました。

酒を飲まない友達とだけ遊び、

酒を飲まない女の子とだけ遊ぶ。

酒を飲まない人間なんか、そんなにいないだろうと思いましたが、

今まで目を向けていなかっただけで、

酒を飲まない人も世の中には大勢いました。

それを意識できたら、遊ぶ友達がほとんど変わりました。

酒を飲まなきゃ楽しい時間が持てなくなり、独りで寂しくなる、

そう恐れていたのは誤解だと知りました。

友達が変わり、遊んでいた女の子のタイプが変わると、

そこに合わせて会話の内容や、服装も変わっていきました。

自分が興味があることが、以前とは違っていったのです。

今までの酔っていた時間は、

読書と勉強と運動の時間に置き換えるようになりました。

バー、居酒屋に行くことはなくなり、

喫茶店とカフェで、紅茶やコーヒーやスイーツを楽しむようになりました。

お酒を飲んでいた頃は、酒のない酔えない人生は絶対嫌だと思っていましたが、

3ヶ月ほどたち、体重が10キロ減り、筋肉が増え、知識が増え、

おしゃれを楽しむようになり、趣味の多い友達と遊び、勉強家の女の子達とスイーツをつくる会等を企画するようになってくると

「どっちが嫌って、前の自分の環境の方が絶対嫌だな」

と思うようになりました。

酒を飲みたいと思うことは、全くありませんでした。

むしろ酒を飲んで酔うなんて、私にとって無駄な時間だと思うようになりました。

”酒こそが人生、酒のない人生の何が楽しいんだ?”

以前はそう思っていました。

今では、自分がなぜあんなに酔いたがっていたのかがわかりません。

なぜ、あんなに禁酒を怖がっていたのかもわかりません。

気がつくと禁酒してから数年経っていました。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク