③やめられないお酒

なんでお酒をやめられなかったかと言えば、

酒をやめて酔えなくなった人生には、

価値なんてないのかも、と思っていたからです。

素面の時間が耐えられないというのもありました。

素面の時の心細さ、不安感も苦しかったのです。

酒を飲むのも辛いが、飲まなくて酔わなくなるくらいなら、死んだほうがマシかも。

そうも思っていました。

生活時間の割合でいえば、酔っている時間の方が長かったのではないでしょうか。

酔ってる自分こそが本当の自分になっていました。

それでも、もしお酒を飲まなくて済むのなら、そうありたい。

お酒をやめられるものならばやめたい。

とは思っていました。

禁酒の方法はないかなとネットで調べれば、禁酒とは一生の戦いだと書いてありました。

”禁酒は苦しいのだ。依存症は苦しくて辛いのだ。

一生、一生かけてお酒を飲みたい気持ちと戦うことが禁酒なのだ”

それを見て、私には禁酒は無理だと思いました。

一生飲みたい気持ちと戦って勝てるかと言えば多分無理だから、

自分はこのまま酒を飲んでのたれ死ぬんだな、そう思っていました。

お酒をやめたいがやめられない。

どうしようと悩んでいるうちに、さらに飲酒量は進みます。

もう最悪でした。

お酒でひどい失敗を、たくさんたくさんしていくのですが、

いくら書いてもキリがないので割愛します。

その頃いつも考えていたのは

”とりあえず、やめれるものならお酒がやめたい”

です。

できるなら簡単にやめたい。

簡単にお酒をやめれるならやめたい。

でも苦しい戦いなんか無理。

どうしたらいいんだ。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク