⑥エキセントリックな主張

友人の主張はエキセントリックだと思いました。

でも、その主張の是非を問うより、私はとにかくお酒がやめたい。

「お前の言ってること信じたら、簡単に酒やめれるの?」

「ああ、簡単にやめれる。

どうする? 酒やめたくないならもう言わないけど」

私は続きを促します。

「俺は酒をやめてわかったことがある。

人生は酔わないほうが圧倒的に得なんだ。

これからは酒を飲まない人と行動を共にしていい。

そもそも酒を飲まない女を素面で口説く方が、成功率が高くて楽しい。

酒を飲まない友達の方が多趣味で博識で楽しい。

いいか、酒を飲めないのは決して寂しいことじゃない。

俺たちは飲んだ方が楽しいと思わされていただけだ。

実際は飲まない方が100倍楽しい。

仕事の付き合いで酒を飲まなくちゃ、とかも幻想だ。

飲みニケーションとか言ってくる奴は全員相手にするな。

強要してくる奴は全部ゴミだから切っても問題ない。

飲まないで関係を作れる人とだけ付き合えばいい。

バカをもっとバカにさせたいと望んでいる誰かがいるんだよ。

酒は素晴らしいと宣伝して酒を買わせているだけなんだよ。

金払って、時間と健康を失ってバカになるだけ。

酒が良いものというのは、全部洗脳だ。

これからは会社で嫌なことがあっても、帰ってから酒なんて飲まなくていい。

もし会社が悪いなら、素面で法律の勉強して裁判をするなりして戦った方がいい。

もし自分が悪いなら、勉強してスキルアップして見返すか転職すればいい。

これからは何か嬉しいことがあっても、酒なんか飲まなくていい。

すごく嬉しい時は、支えてくれた大切な人たちに感謝して、

その人たちにご馳走したりプレゼントをあげたりすればいい。

自分が嬉しくて酔っ払うより、周りの人を笑顔にした方がもっと嬉しいことが起きる。

どんな感情が沸いても、本来、酒は必要ないんだ」

私は思わず口にしてしまいます。

「俺、素面で女の子口説いたことない」

友人は答えます。

「酔わない方が頭が働くから、落とせる確率はかなり上がる。

今は酔わずに落とせる方法を知らなくても大丈夫だ。

素面で3回も場数踏めば適切なアプローチの仕方を学べる。

だいたい自分が泥酔して、さらに泥酔した女を口説くとか、

冷静に考えると非効率的だと思わないか?」

コーヒーを飲みながら聞いていると、なんだかだんだんそんな気もしてきます。

「酒を簡単にやめたいんだろ?

俺たちは悪い奴らに騙されて、酒を良いものと思わされ、飲まされてきたんだ。

酒は悪なんだ。

これからは知識をつけて、自分らしく生きることで、その巨悪と戦っていけ」

友人の主張は、まさかの酒陰謀論でした。

けれどそういう設定を信じるだけでお酒がやめれるなら、

安いものなのかもしれないです。

酒陰謀論を信じても、別にお金を取られるわけじゃないし、何か失うわけでもないし。

私は決めました。

その日から酒陰謀論で禁酒を始めました。


お酒のやめ方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク