お酒をやめるチャレンジに失敗はないです④

 「お酒をやめる」とは「楽しいことが変わる」ということです。

 「お酒をやめる」のは、「趣味が変わるのと同じ」と捉えて構いません。

 しかもそれは3週間で変わります。

 3週間して他のことが楽しくなってしまえば、もうお酒を思い出すことはありません。

 「お酒」というものは、実は大したことのないものなのです。

 そんな大したこともない「お酒」をやめる時に、そのチャレンジを恐れたり、できるだろうかと不安に思う必要はありません。

 もちろんチャレンジした過程で、一度つまずこうが三度つまずこうが気にする必要もないです。

 何度つまずこうが、3週間でドーパミン神経さえ回復させれば、もう「お酒」を思い出すことはなくなってしまうからです。

 今お酒に悩んでいて、ちょっとでも「お酒をやめてみたいな」と思ったならば、試しに歩き出してみてください。

 今までとは全く違った景色が、あなたを楽しい気持ちにさせてくれるはずです。


「1日5分」3週間で一生アルコールがやめられるトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク