3週間でお酒をやめるには③(自分を褒めることの目的2)

 ドーパミン神経が回復するまでには3週間が必要です。

 この3週間をどう過ごすかで、アルコールがやめられるかが決まります。

 自分で自分を褒めてドーパミン神経を活性化し、それとともに傷ついていた自尊心も高めていきましょう。

  

 自分を褒めることに慣れていない人は、自分を褒めることに違和感をおぼえるかもしれません。

 ですが3日間褒めてみれば、違和感は減り、そのうち習慣として定着していきます。

「自分を褒めること」を、「歯磨き」みたいなものだと考えてください。

 歯磨きすれば虫歯や口臭を予防でき、自分の毎日がいいものになる。

 大人は歯磨きの持つ意味と効果を知っているので、歯磨きを習慣として行い続けます。

 自分を褒めると再飲酒や気持ちの落ち込みを予防でき、ドーパミン神経が早く回復します。

 そして自分の毎日がいいものになります。

 「自分を褒める」ことにデメリットはありません。

 これも習慣にしてみませんか?

 1日の生活の中で「自分はダメなやつだ」と唱えたときに「いやいや、自分はすごいやつだ」とつぶやきなおすだけでも構いません。

 こっそり頭の中で褒めるだけですから、他の人にもバレません。

 それだけでアルコールがいらなくなり、人生が楽しめるようになっていきます。

 褒めることに慣れてないと、自分の褒め方もわからないかもしれません。

この本では、毎日のトレーニングの最後に「今日の自分を褒める言葉」が書いてあります。

もし興味があれば、読んでみて、自分を褒める言葉を、1日頭の中で繰り返してみてください。


「1日5分」3週間で一生アルコールがやめられるトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク