大塚製薬がアルコール依存症治療薬を発売

アルコール依存症の治療薬「セリンクロ(一般名ナルメフェン)」が大塚製薬から発売されました。

日経新聞の記事です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4229939011032019XB0000/

日本で初めての「減酒」目的の治療薬とのことなのですが、

減酒の薬がどのようなものかわからなかったので調べましたら、

こちらのサイトで詳しく説明されていました。

https://medicalcampus.jp/di/archives/3722

今後のアルコール依存症への対応は、

「断酒より減酒」という流れに変わっていく可能性もあるのか?

とも思いました。

しかしセリンクロを個人輸入して実際に使っていた方の体験談を読むと、

飲酒の完全なコントロールはなかなか難しいかもしれないとも感じました。

https://ameblo.jp/inoue1688/entry-12153366965.html

こちらがセリンクロを飲んだ方のブログです。

とても参考になりました。

このような体験を読めるのはとてもありがたいです。

この薬の発売により、日本のアルコール依存症の治療も少なからず変化していくと思います。

今後の報道にも注目していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク